活動事例レポ
自治体

【兵庫】明石市区画整備工事

施工概要

場所:兵庫県明石市
期間 2016 年 11 月〜2017 年 6 月
依頼内容:明石市の区画整備事業の一貫でコンクリート擁壁工事が一新されることになった。擁壁周辺はヤブに覆われた敷地で、土壌のヘドロ化や泥水にも悩まされていたため、原因の調査依頼から施工までの依頼をいただいた。

現地調査(2016 年 11 月)

依頼以前に行われていた明石市側の擁壁撤去作業で、すでに土が掘削され、3m ほどの高低差ができていた。敷地は河川へとつながる地下水脈の範囲にあったため、高低差にしたがって大量の水が湧き出てしまっていた。(写真参照)
根本的な問題はコンクリートの打設方法ではなく、地下水脈を遮ったことにあるのだから、何度擁壁を打設し直したとしても、再び問題が起きてしまう。そこで、私たちは、明石市に大地の再生手法、通気浸透水脈整備を設計に組み込み、地下水脈の問題を根本的に解決するよう提案した。

施工工事(2017 年 6 月)

明石市の公共工事に、「大地の再生」施工チームが並走するかたちで作業は進められた。私たちは、コンクリート擁壁の中の鉄筋の間に塩ビパイプを縦に設置。擁壁の中でせき止められてしまう水を適切に逃がすためである。パイプの横に開ける穴も、水の通り道を予想しながら丁寧にジグザグに配した。

大地の再生手法では、自然素材を利用して、土中に空気の通り道、水の抜け道をつくる。炭、竹(笹がついた状態のもの)の順にパイプの周りに敷き、さらにその上に1mの砕石層を作った。

1mの砕石の上に重ねてさらに竹を敷き、埋戻しの土圧に負けないよう、十分な空気の通り道を確保する。

3mあった段差を、完全に埋戻す作業

施工工事完了。
この下には竹、炭、砕石層、塩ビパイプなどが埋設され、水と空気の通り道がつくられている。

しばらくすると、敷地に草が生えてきた(時期は?)泥水やヘドロ溜まりはもう確認できない。水によって侵食されるリスクが軽減した鉄筋コンクリート擁壁の耐用年数も長くなるだろうと考えられる。

関連記事

関連記事はありません。

お問い合わせ

事務局のスタッフが順次対応してまいりますが、3日経っても返信がない場合には、何らかネット上のトラブルが考えられます。その場合は、下記メールアドレスからお問い合わせください。

info@daichisaisei.net

なお、入力いただいた個人情報(氏名・メールアドレス)については、お問い合わせにお答えする以外の目的で利用することはありません。

〒399-0211
長野県諏訪郡富士見町 3785-3 富士見森のオフィス
一般社団法人 大地の再生 結の杜づくり
代表理事 矢野 智徳
tel 042-505-6806

ページ上部に戻る